なぜ今PIGなのか


90年代に巻き起こったロングボードリバイバル期に重たい、動かないという古いロングボードのイメージを覆し、トライフィン、ロッカーの効いたボリュームを絞ったボードで、ショートボードのようにリッピングができるということでロングボードブームが巻き起こりました。


ロングボードのコンテストで上位を占めていた主流のスタイルは、ボードのテールに乗ってショートボードのようなハイパフォーマンススタイルのサーフィンでした。90年代中期にロングボードの聖地・カリフォルニア・マリブで行われたロングボードの世界大会で上位を占めたスタイルはやはりショートボードに影響をうけたハイパフォーマンススタイルが評価されました。


その時期カリフォルニアでは、大会のサーフィンとは別の当時の主流から離れたムーブメントシングルフィン・クラシックボードのリバイバルです。
1995年のロサンゼルスタイムスの記事には”The Hot doggin' longboards are back!"とう特集が組まれていて、1989年からカリフォルニア・ベンチュラでおこわれているカリフォルニア・ビーチパーティー・ロングボードサーフィン・チャンピョンシップといういかにもカリフォルニアといった名前の大会の様子がのっていました。
その大会でもっとも人気があったクラスが”オールド・ログ・コンテスト”で、参加の条件は25年以上経ったボードを使用することでした。

メディアなどで多く取り上げられるロングボードシーンとは別に、草の根としてはクラシック、シングルフィンロングボードが認知されていました。


その後ジョエル・チューダーを筆頭にシングルフィンサーフィンを広め、トラフィン=マニューバー、シングルフィン=ノーズライディングという図式が確立されていきました。
シングルフィンボードの多くがノーズライダーモデルのようにワイドなノーズ幅を持つデザインをとるようになりました。
シングルフィン=ノーズライディングのイメージが強すぎてしまうと、本来持っている”ログ”の特徴、楽しさが失われると「クラシック回帰」が世界の流れとなりました。

その主役となる世代は、子供のころジョエル・チューダーのサーフィンをビデオで擦り切れるほどみたロビンやアレックスなどの世代です。



旧クリーム時代のアレックスのシグネチャーモデル・ニュープレジャーはPIGブームのはるか前からPIGにフォーカスしていたボードで、”ボードの中央に立ってひざ下でトリムしてリラックスしながらかっ飛んでいく”、決して垂直方向に当て込んだり、ティップタイムの長いノーズライディングに挑むのではなく、あくまでも60年代を意識した“ホットドッギング”スタイルで”楽しむ”というこに焦点を当てたボードです。


Pig形状のボードの特徴として、ワイドポイントがテールよりにあることでほとんどのライディングをテイクオフをして立った位置付近、テールよりで行う”カジュアル”さを満喫できるボードです。 テイクオフ後、両足のスタンスを狭めてボトムターンをし、そのまま波のトップに上がらずに波のボトムに向かって加速するあくまでシンプルなライディングが魅力です。


細くなっていくノーズは、幅の広いノーズライダーと比べボードがが急加速し、いささか安定感を欠きますがノーズの安定性や操作性のみを追及するのではなく、Pigスタイルのライディングを楽しむこと、競技で何かを競うのではなく“カルチャー(文化)を経験すること、その部分に今Pigが注目されている要因があるのではないでしょうか。


Pigの魅力とはロングボードの一番良かった時代、楽しかった時代のサーフィンを体現できる、歴史とカルチャーを楽しむ事こそがロングボードの楽しみといことではないでしょうか。


シーコング取り扱いPigのラインナップをご紹介します。


■クリーム・プレジャー


Pigの流行を生み出したロビン・キーガルがアレックスのためにデザインしたPigモデル。アレックスのラディカルなサーフィンを可能にするスピード性に優れたPig
→プレジャーの在庫はこちら




■クリーム・フラワー


フラワーはオーソドックスなクラシックピンテールノーズライダーというコンセプトのもとPig形状のアウトラインを取り入れたモデルです。楽なテイクオフ、切れのあるボトムターン、ノーズエリアでのトリミングとシンプルでこれぞカリフォルニアクラシックボードの王道といようなライディングを楽しめるボードです。
→フラワーの在庫はこちら




■ガトヘロイ・NEWプレイボーイ


クラシカルなPig形状のアウトラインに1960年代後半のトランジッション期のロングボードで再構築したモデル。驚異的なトリムスピード、フルレールでの切れ味鋭いターンを可能にするパフォーマンスシングルフィンログの傑作。
「ダクトテープ」のサーファーなど世界のトップサーファーに新しい方向性を示す大きな影響を与えるモデルです。
→NEWプレイボーイの在庫はこちら




■ガトヘロイ・スムースオペレーター


アメリカ”Longboard"誌や”Blue”誌の表紙を飾ったことでもわかるようにクラシックログのラインナップで長年にわたってロビンが大切にしているモデル。
Pig系のアウトラインとロビン特有ののボリューム配分でテールよりでボードをコントールし、トリミングしていく”カジュアル”という言葉がぴったりのモデル。波のポケットの深い位置をキープし、高速トリムを味わえるボードです。
→スムースオペレーターの在庫はこちら






■ダノー・オールドプレジャーモデル


アレックス・ノストがかつてダノーのライダーだったときに作られたシグネチャーモデルです。細身のノーズ幅とPigスタイルのアウトラインに合わせるように、テールでのコントロールが容易になるようにダノー特有のテールキックが施されたモデルです。
ボードの重量感がありながら、まったく重さを感じさせないクイックでトリッキーなアレックスのようなライディングを支えたモデルとして納得するモデルです。
→オールドプレジャーの在庫はこちら





■ダノー・ホッグモデル


Pigの別の英語表現Hogのモデル名とおり1960年代のアウトラインを再現した正統派のクラシックログモデル。高密度フォーム、ボランクロス仕様の重厚なボード作りとダノーのこだわる完全ハンドシェープのボードからはロングボード好きなら垂涎のオーラを放つボードです。
カリフォルニアスタイルのロングボードと呼ぶにふさわしいモデルです。
→ホッグの在庫はこちら