ウェットスーツの採寸は全て自然体での実寸をお計りください。

上から下の順番で採寸していただきますと、比較的にスムーズに計ることができます。



採寸箇所 採寸箇所の詳細と注意点
1.身長 正確に必ずご記入ください。製作上の長さの基準にとても重要です。
2.体重 正確に必ずご記入ください。製作上の長さの基準にとても重要です。
3.首囲 ノドボトケを避け最も細い部分まわり
5.上胸囲 両腕の付け根を通過させた胸まわり
6.胸囲 乳頭を通過させた胸まわり
7.腹囲 へその少し上の最も細い部分まわり
7U.下腹囲 へそから10cm下まわり
8.尻囲 尻部の最も太い部分まわり
21.太もも最大 太もも付け根の最も太い部分まわり。お尻を含まないでください。
23.ひざ下囲 皿の下の最も細い部分まわり
24.フクラハギ フクラハギの最も太い部分まわり
25.足首囲 くるぶしを避けて足首の最も細い部分まわり
9.背丈 A(けいつい点)〜E (尾てい骨)の長さ。体にそわせず直線に計ってください。
19.股下 股付け根から内くるぶしの中心までの長さ。体に沿わさず真っ直ぐに足の長さを計ってください。
11.ゆき丈 A(頸椎点)〜B(肩先点)〜C(手首点)長さ。ABCの順に腕を45度に開き計測してください。 型紙は、 腕を45度の状態で製作するため90度での採寸は短く仕上がり、腕を下ろした状態で採寸すると5cmほど長く仕上がってしまいます。そのため45度での採寸はとても重要です。
13.腕付根囲 腕を45度に開いた状態で脇の下から肩先点のまわり。腕を下ろして計測すると採寸値が太くなりゆるく仕上がってしまいます。
14.上大腕囲 腕を45度に開いた状態で最上大腕まわり。腕付け根まわりと同様です。
15.大腕囲 腕を45度に開いた状態で上腕二頭筋の最も太い部分。ちょうど肩の筋肉が終わった辺りの太さ
16.ひじ囲 肘の最も細い部分まわり
17.下ひじ囲 肘のすぐ下の最も太い部分まわり
18.手首囲 くるぶしを避けて手首の最も細い部分まわり
※以下は女性のみ
乳下がり 鎖骨と乳頭間の直角の高さ
乳頭部 乳頭間の長さ
アンダー アンダーバスト