SEAKONG

冬のサーフィンを100%楽しむための準備とポイント

寒さに負けない魅力が冬のサーフィンにはあります !!

冬のサーフィンの楽しみ方をシーコングよりご提案致します!!
















トップバナー7
トップバナー8
トップバナー9
トップバナー10
トップバナー11

冬のサーフィン準備編

1.冬のサーフィンのおススメ

夏に比べ人が少なくなり贅沢な時間を過ごすことが出来ます.

せっかくいい波に乗れたのに夏は人が多すぎてストレスを感じる事も多々あります。
冬のサーフィンの一番のメリットは夏に比べてサーファーの数が減るので、冬特有の寒さを感じながらも格段に波に乗れる回数が増えます。
夏に比べ人が少なくなり、寒さに負けない魅力が冬のサーフィンにはあります。
乗れる波が多くなると反復練習が出来るので、上達も早くなり、波を見る目も養われ、春から夏のサーフシーズンに向けて見違えるほどのレベルアップも夢ではありません。
寒さを感じる季節でありながら、人が少なく快適に波乗り出来る冬こそ、新たなサーフィンの魅力を純粋に楽しめるシーズンとも言えます。
昨今はウエットスーツや防寒グッズ等の性能も良くなり、準備さえしっかりすれば想像以上に楽しい冬のサーフィンを満喫して頂けます。
もっと上手くなりたい、もっと楽しみたいという方にはオススメの季節です。
サーフィンだけではなく、冬は空気が澄んでいて景色が幻想的で日常でのストレスなども癒されますのでオススメです。


関西は冬のメインポイントが日本海側になりますので海上がりに冬の味覚もぜひ味わって下さい。

若さ高浜たびなび
京丹後ナビ
鳥取市観光協会


注!デメリットも知っておこう


冬のサーフィンは日本海側の積雪地帯がメインとなります。
早朝深夜の走行は凍結に十分注意し、冬型が強まった際は冬の嵐となるので無理な行動は控えましょう。


2.冬のサーフィンに必要なもの

サーフボード

冬の波は予想が難しい為、イージーに乗れるロングボードがおすすめです。1本で色んな波質に対応出来るボードがあればたくさん乗れて上達への近道にもなります。
おススメボード
1.クリーム/ファットキャット
2.デューイウェーバー/スタイリスト
3.ハーバー/プランティン
装備が夏より少し重たくなる分、楽に乗れるボードがおススメです。詳細を見る

ウエットスーツ セミドライ  5×3mm

12月頃から外気温、水温ともに下がって冬を感じはじめると必要になるのがセミドライスーツです。
真冬の冷たい水や北風の中でもストレス無く快適にサーフィンできるのが伸縮性・保温性の高い素材を使用した5×3㎜セミドライスーツです。
また、自分の体形にあったスーツを着る事で海水の浸水を防ぎ保温性も保たれます。
季節に合ったウエットスーツを着用することで快適に楽しむ事ができます。詳細を見る

ブーツ

頭寒足熱という言葉があるように、足は心臓から遠く冷えやすいです。足下を温めることで全身の血の巡りをよくすることができ、集中力を高める効果も期待できます。詳細を見る

グローブ

装着することで冷たい海水から手を保護し体全体の保温性が保たれます。ウエットスーツと同じ素材でフィット性が良く素手感のあるものがオススメです。
詳細を見る

ヘッドキャップ

体表面積の1/9を占める頭は手や足を温めるよりも面積が大きく、血流量が多いため体全体を温める事が出来ます。
耳を覆うタイプのものはサーファーズイヤー対策にもなります。

      

スタッドレスたいや&チェーン

冬のサーフィンはメインが日本海側になりますので必ず必要です。
一般道の山越えが必要な場合は特に注意が必要です。

ウェットの簡単な着脱方法が知りたいな~
          ☞詳細を見る

ウェットスーツ着脱~お手入れ



01.素早く着替えるこつ


ビニール袋を使う

ウェットスーツの裾や袖に通す足と手にビニール袋を被せながら通すと摩擦が少なくなり、引っかかる事なくスポッと通す事ができます。
コンビニなどでもらうビニール袋でOK!


裏返して着る

youtubeの動画を参考にしてみて下さい。

スルスルスプレーを使う

シリコンを使用した潤滑剤を使う。
ウエットスーツの内側にスプレーすることで、着脱がスムーズになります。
ブーツやグローブにも使用できます。


02.楽な脱ぎ方



01.脱ぐときに絶対やってはいけない行為がきつく引っ張る事。
02.ウエットが破れたり裂けたりしてしまいますので注意して下さい。



01.ウェットの袖先・足先を内側に5㎝ほど折り込む。
02.お湯をウエットの中に注ぎ込みます。
 お湯でウエットが少し膨らむぐらい入れて下さい。
03.お湯の層が体とウエットの間にある事でウエットがスルッと脱げます。

※タンクなどのお湯は温度を確かめてから使用。
※熱すぎるお湯はウエットのダメージへとなります。

03.お手入れと保管


01.裏返したままぬるま湯or水で塩水を洗い流す
02.バケツに水をためて押し洗い
03.裏返したまま厚めのハンガーに吊るして乾かす
04.乾いたら表に戻して集めのハンガーにかけて直射日光の当たらない場所で保管する


POINT☝
ウエット専用シャンプーやコンデョナーを使うと清潔でゴムの柔らかさが長持ちします






×
春秋用のウェットとの違いは何?
着用するとどんな感じになるの?
          ☞詳細を見る

ウェットスーツ セミドライ 5×3㎜

12月頃から海水の温度が一気に下がりセミドラのウエットスーツが必要になります。
冬用と春秋用のウエットを裏返して分かりやすくしてみました。



起毛:裏地の繊維を起毛させた素材。撥水性の高い糸を使用し、さらに起毛させて空気を溜め込みやすい。
保湿性も高い為、冬用のウェットに使用される素材。




ジャージ:表地にも使用されるスタンダードなタイプ。
伸縮性に優れている為、運動性能が高い。耐久性にも優れているので、コストパフォーマンスが良い。



ウェット指数      日本海(福井・京都・鳥取)

5×3㎜セミドライの着用シーズンは、11月頃から4月前半と意外に長いので、1年中サーフィンを考えると必ず必要になります。

※12月後半頃より、グローブ・ブーツの着用がおススメ









11月後半~12月中旬は、ウェットのみでの入水もそれほど寒さを感じません。






12月後半ぐらいからは、雪が降る日もありますので、完全な防寒対策が必要になります。


ワンポイント☝
体が最初に冷えるのは指先や足先の末端からです。
体が冷えると血液が冷たくなり、血管が収縮する。
特に抹消血管が通る手足は最初に冷える部分なので、海ではブーツとグローブは必需品。

ワンポイント☝
頭を温めると効果的です。
体表面積の1/9を占める頭は手や足を温めるよりも面積が大きく、血流量が多いため体全体を温める事が出来ます。



【きつすぎるウェットスーツは保温力を低下させます】
きついウェットは生地が伸びてしまい5ミリの厚さが4ミリや3ミリと薄くなります。また、体を締め付け血流が悪くなり冷えます。
大きいウェットスーツは水が浸水してしまいます。
自分の体にあったウェットは一番保温効果が高くなります。


ウェットスーツの詳細はこちら>>>
ブーツグローブの詳細はこちら>>>
×


3.冬のサーフィンにあると便利グッズ

インナー

ウエットスーツの下に保温インナーを着ると暖かさがアップし、快適です。色んな形のインナーがありますので、重点的に温めたいところに合わせて選んで下さい。

ポンチョ

ゆったりとした作りですので、ポンチョの中で着替えが出来たり、タオルの代わりになったり、冬は着替え中の防寒にもなりますので1枚あれば何かと便利です。

ホットジェル

遠赤外線蓄熱効果といわれるゲルマニウムと、ビタミンが混合したカプセルにより、体がホカホカしてきます。ウエットスーツを着る前に体に直接ぬります。 温感効果のジェルです。

パンダ

ポリタンク&保温カバー

ポリタンクに熱めのお湯を入れカバーしておくと、サーフィン後使用時には適温のぐらいのお湯になります。浴びる際には必ず温度を確認して下さい。

耳栓

年間を通して海に入るサーファーにとってサーファーズイヤーは深刻な問題です。音が遮断されない耳栓であればストレスも無く使用できますのでオススメです。

サーファーズイヤー

 サーファーズイヤって何???
     詳細を見る




サーファーズイヤーとは?

サーファーズイヤーは耳の中の骨が増殖し、耳の中に骨のコブ(外骨腫)を作ってしまう病気です。正確には外耳道外骨腫といいます。冷たい水が耳の中に入ってくるのを防ごうとする身体の反応であると考えられています。外骨腫が耳の孔を完全に塞いでしまうと音が聞こえなくなってしまいます。大体20年以上のサーフィン歴があり、冬場でも海に入っている方に多く見られます。


予防するためには?

サーファーズイヤーの予防には冷たい水が耳に入らないよう、耳栓や耳まで覆うキャップを被ることか有効かと考えます。外骨腫があまり大きくなく、症状がなければ経過観察でよいのですが、聞こえにくくなってきたら治療が必要となります。治療は手術が中心となります。

×

準備が出来たら、早速冬の海へ行ってみましょう。

海

日本海ポイント編CONTENTS


関西方面の冬のサーフィンはメインが福井(高浜方面)・京都(丹後)・鳥取の日本海になります。

ポイントへ向かう際の注意点


冬の日本海は積雪などによる早朝・深夜の凍結に注意が必要です。


日本海の天候は一瞬で変わります。
晴れてメローな波でも1時間後には吹雪の大荒れとなる場合があります。
天候の変化には十分注意して下さい。

事前に天候などを調べ無理な行動は控えましょう。

駐車場は各自治体のルールーに従って駐車して下さい。
路上駐車や地元住民への迷惑がかからないよう配慮して下さい。

01. 福井嶺南方面
ポイント名
和田 🄿・トイレ・お湯シャワー
白浜 🄿・トイレ・お湯シャワー
鳥居浜 🄿・トイレ・お湯シャワー
城山 🄿・トイレ・お湯シャワー
難波江 🄿・トイレ・お湯シャワー
奥灘波江 🄿・トイレ

02. 京丹後方面
ポイント名
八丁浜 🄿・トイレ
浜詰 🄿・トイレ

03. 鳥取東方面
ポイント名
東浜 🄿・トイレ
羽尾 🄿・トイレ
浦富 🄿・トイレ
岩戸 トイレ
砂丘 🄿・トイレ

03. 鳥取東方面
ポイント名
白兎 🄿・トイレ
小沢見 🄿・トイレ・お湯シャワー
船磯 🄿・トイレ
青谷 🄿・トイレ
井出ヶ浜 🄿・トイレ
石脇 🄿・トイレ




Copyright ©1998-2022 SEAKONG,ALL Rights Reserved.