SEAKONG

おすすめボード❝Best3❞

ボードを変えれば驚くほど変わります!


乗りにくいボードの実例(こんなボードに乗って苦労していませんか?)

※上記のようなボードではテイクオフに苦労し、テイクオフ後の加速ができず、ターンやコントロールも思うようにできないはずです。

満足度の高いボードの実例(こんなボードは乗りやすいです!)

※これらの条件をできるだけたくさん満たしていれば、たくさんの波に楽々乗れるので楽しく、上達も早まります。


休日の満足度を倍増させるすごいボード❝Best3❞

迷わずこのボードをゲットすれば、休日に海に行くのが楽しみで仕方なくなるでしょう!

クリーム・ ファットキャット

特徴

「パフォーマー」と並ぶデューイウェーバーの最強テイクオフモデルである「スタイリスト」を天才ロビンキーガルが改良を重ね、あらゆる面において完璧と言わしめる性能を導き出した現在のシーコングのベストセラーモデルです。

ボードの幅は23.5インチ(59.7cm)ありますがボトム面がごく浅くロールしているために、パドリング時の安定感を損なうことなく、ボードにスピードを維持させ、波の抵抗を減らしながらコントロール性を高めています。

見た目も格好良く、波のコンディションを選ばず、頭の中で描くノーズライディング、カットバックなどが簡単にできます。


デメリット

シングルフィンロングボードというカテゴリーにおいては、ビギナーの方から上級者の方まで欠点は見つかりません。

ファットキャットの在庫はこちらから



デューイウェーバー ・パフォーマー&スタイリスト

特徴(上:パフォーマー 下:スタイリスト)

1967年の発売以来、ボードの幅は24インチ(61cm)と他のどんなボードよりも幅広で、なおかつボトム面が平らに近いところが大きな特徴です。

これによってパドリング時にボードが横揺れしないためボードはどんどんと加速し(パドリングのスピードが出ないのはボードの横揺れと前後のバランスが大きな原因です)、ほんの小さなうねりも見逃さずに周囲の誰よりも沖からテイクオフすることができます。

またノーズとテールは薄くシェープされているため、想像に反してボードのコントロールは「よく動く」という印象です。

体重が気になる方にとっては、これ以上のものがない、まさに“最強”ボードです。


デメリット

ボトム面がフラットすぎるためにサイズアップした波で波の横方向に進む場合、ボードが少し持ったりとした印象に感じるかもしれません。(これはこのボードが1967年にデザインされたことが理由ですが、これこそがリアルなクラシックフィーリングを感じていただければむしろ楽しんでいただけると思います)

またボードの幅が広いので脇の下に挟んで持つことがなかなかできません。(それでも「波に乗れないよりはまし」とお考えください)

パフォーマーの在庫はこちらから

スタイリストの在庫はこちらから



ハーバー ・プランティン

特徴

ハーバーはブランドの特徴としてライディング時のフィーリングが「軽い」印象です。

それはパドリング時にも同じで、ボードが軽く感じるため方への負担が少なく、体力の衰えを感じてきた方やパドリングを苦手としている方に絶対的におすすめです。

シェープはレールまで比較的ボリュームがあるのでボードが浮いている感じで、足腰が強くなくてもボードをたやすくコントロールできます。

「テイクオフは重視したいけど、重いボードはちょっと」という方に喜んでいただけます。


デメリット

レールが薄めのクリームやデューイウェーバーに比べ、若干レールが厚めで重量も軽いためスピード感が少し遅く感じるかもしれません。(理論的にはボードのスピードは速いほうが波の抜けもよくコントロール性も高まるのですが、速すぎるとボードの上で慌ててしまうため、少しゆっくりと走るほうがゆとりを持ったサーフィンをすることができます)

プランティンの在庫はこちらから



『ボードの長さと体重の最適マッチング表』

推奨体重表

無料試乗ボードをご用意しておりますので、何度でもお試しください。

試乗ボードはこちらから




Copyright ©1998-2019 SEAKONG,ALL Rights Reserved.